槙野雅央のありがとうブログ 共生社 ホームページへ

2015年10月28日

「成長」の価値とは 榛名編

AE3R5775_R.JPG

一昨年に続いて今回で2回目の初耐3時間耐久レースへの参加です
自動二輪中型の免許書を取得して丁度3年前になる大会でした

スズキDRZ-70での大人の運動会です
大人にとっては、この小さなバイクは結構取り扱いが難しいのです

ホームストレッチでは最大速度が70kmという程度で
事故することもほとんどなく楽しくレースを満喫することができるものです

私もバイクそのものに対する恐怖感もやや薄れて今回はチャレンジしてみたい
気持ちでいっぱいの大会でした

そこで、真剣にライダーテクニックを学ぼうと名だたる大先輩方に教えを乞う
そんな大会になりました

写真をよく見てもらうとわかるのですがカーブのテクニックが格段に成長しました
・・・・・・・

自分でいうのもなんですが・・
一昨年前のタイムがその成長を物語っています
1周1kmのコースを前回の最高ラップタイムは1分9秒
それに比べて今回は1分1秒なんと8秒も更新しました

カーブを曲がる時の三点で体を支えるテク(膝すり)を取得(^_-)-☆

理屈を体に体現させることができての快挙でした

自分でこの年にしてバイクのテクニックの成長を得る体験ができるなんて
正直思ってもみなかったです

人間にとっていくつになっても「成長」とはかけがえのないもので
「成長」の喜びを感じることで益々成長に対する意欲が大きくなることを
感じる貴重な体験でした

仕事における成長を少し忘れかけていた自分ですが
この体験を通じて人に成長してもらうことで仕事の喜びを感じてもらいたい
体験してもらいたいと心底思いました

今回ご指導いただきましたバイク先生、本当に有難うございました

コメント (0)

2015年10月11日

第3回思風会全国大会in大阪

IMG_2413.jpg

今日は第3回思風会全国大会in大阪でした
テーマは”つながる”対立から思いやりの心へです

芳村思風先生の話は、いつもながら腑に落ちます
感性論哲学=「感哲」で愛の実践は努力
この努力することが大切で思いやりは単に心の中にあるだけでなく
言葉にして態度にして表現することだと言われていました

芳村思風先生の哲学は理論理屈ではなく実践にあります

愛とは統合すること包括すること全てを受け入れるということなんですね
人は生まれつき考え方が違う人なんていません
体験、経験、知識情報、解釈、出会いによって後天的に違いが生まれる

人は、短所半分長所半分で完全な人間なんていません
良いところを伸ばして人よりも秀でて認められて足りない部分は
その人の味になるくらいがちょうど良いのだそうです
このような状態のことを「角熟」と言います

人はそれぞれ違って良いのですね

その不完全さを知り足りない部分を周りの人に補ってもらい
そのことから感謝の気持ちが生まれ自分自身の滲み出る謙虚さになるんですね

自分の人生を何に使うのかを考えるのに今ある自分は38億年前の生命体からの
つながりで今の自分がある祖先が必死に生きてきて命が繋がれて今の自分がある
命のリレーを次のバトンにつなぐのに自分自身ご先祖様に報いる生き方を
しなければ申し訳ないと思える1日になりました

今日の出会いと学びに感謝です

コメント (0)

2015年10月05日

2015/10/05富士山富士宮ルートNO7

IMGP0334.jpg

今年はもうダメかと十中八九諦めていた富士登山です
しかし、奇跡が起きました
10月のドリームマネージャー研修が熱海で開催されるということで
事前に静岡へやってきました

万が一お天気が良くて
トライできそうだったらなんて軽い気持ちで
山の準備を車に詰め込んでのドライブでした

通常であれば山のシーズンは終わり9月半ばで富士山頂への4ルート
いずれも終了で通行止めなんですね

前日に富士宮五合目にやってきました
下山する人に山の様子を聞き込み登る準備をしました

そこで決定したことが午前3時半富士宮5合目スタートです
山小屋泊まりでなく5合目から山頂を一気に目指すのは初めてでした

さすがに10月に入っての午前3時半からの富士宮スタートは誰もいません(笑)
不安と期待に胸膨らませての出発です

真っ暗の中の一人登頂は不安ですねしかも初めての富士宮ルート
風が出て霧が出て日の出前まではとても不安定なお天気でした

7合目あたりでの御来光でした
つくづくついてます
富士山登頂初回から数えること7回目すべて御来光を拝むことができました
諦めていたはずの富士山登頂、しかも初めての富士宮ルート制覇

残すところは御殿場ルートのみになりました
計画通り行くと来年2016年はいよいよこのルートを制覇し4ルート全ての
富士山登頂ルートを達成します

今回はTAGGED MEMO PADの撮影を兼ねて登れたことに感謝します

コメント (0)

 

Copyright © 株式会社 共生社 All Rights Reserved Powered by geniusweb