槙野雅央のありがとうブログ 共生社 ホームページへ

2015年06月22日

木村勝男講師 BSビジョンセミナー

IMG_0925.JPG

この日は日創研神戸経営研究会の講師例会でした

講師はBS経営で有名な木村勝男先生です

木村講師の話はずいぶん以前より神戸経営研究会では
聴く機会がたくさんありました

私は、日本創造教育研究所で学び始めた21年前よりの
経営の大先輩です

木村講師のモットーは
「やってみなわからんやったことしか残らない」です
本当に人生経験豊富で今回も講演の話では
島根県より大阪へ上京してきて30種類の仕事を経験し
そのうちの現在に至るまで4職種が成功したということです

ファーストリテイリング「ユニクロ」の柳井代表も
自らの著書で1勝9負と人生の経験を語っていらっしゃいます

つまりはそれだけ多くの経験を前向きに経験しその失敗を
今の成功の糧にしてきたということです

木村講師は儲けることばかりそして税金を払わないことばかりを
考えて経営をしてきたが失敗を生んだ

そして強くて良い会社はPL型(損益計算書)の会社ではなく
BS型(貸借対照表)ビジョンを作る会社だと喝破されています

確かに儲けは経営において大切な要素ですが
儲けを次の何に使うかが大切でどのようなビジョンを目指すかが
企業をより強い会社に育てると言われています

私も現状に一喜一憂するのではなくビジョンに向けて会社の経営基盤を
強固にするために人財の育成をそして何を目指すのかとうことで
社員さん共々未来のビジョンに向けてモチベーションが上がる
会社として成長していきたいものです

コメント (0)

2015年06月10日

インテリアライフスタイル展示会

IMG_0784.JPG

6/10-12東京ビックサイトにてインテリアライフスタイル展示会でした

株式会社共生社にとって初めてのクリーニング業界外への挑戦でした

2013夏から東京井の頭公園に事務所のある株式会社ハイモジモジさんとの
コラボブランドのTAGGED第2弾発表です

第1弾は今年1月23日より発売のTAGGED for Gardenとして
プランツタグを花の名前を書いたり送る花に添えるメッセージカードとして
使えるグッズとしての販売でした
この商品は、使われるシーンや使われ方が限定されます

今回発表の第2弾は手になじむタフでラフなメモパッドとして
普段使いができる説明の入らない商品として可愛いデザインのラインナップでした

展示会にこられた一般の方々はクリーニングのタグが衣類と一緒に洗っているなんて
知っている方の方が珍しく「うっかりお洗濯してしまっても大丈夫なメモ帳」というと
誰もが「えっ?」「ふ〜ん」なんて声の反応があります

そして手になじむデザインと可愛いデザインの34アイテムの種類にとても
良い手応えを感じました

今秋発売が楽しみです

展示会場の足を運んでいただきました皆様本当に有難うございます

そして開催前の準備から期間中の接客とお世話になりました
ハイモジモジの松岡様、松田様本当にお世話になりました
また今回、準備の前日から開催期間2日間の3日応援を
してくれた嫁(取締役)に共生印刷からは仮屋薗リーダー斧田サブリーダーと

たくさんの協力者をえて良い発表ができました
これを機会にますます新たな挑戦をし可能性を広げていきたいと思います

コメント (0)

2015年06月05日

日創研経営研究会全国大会in京都

unnamed.png

日創研経営研究会全国大会in京都が6/4-5の二日間で開催されました
全国大会の集客の最高記録で1336人の動員でした
京都駅ビルにあるホテルグランビアでの開催でした

テーマは「伝統と革新」〜100年企業を目指してです

京都は400年を超える老舗企業がいくつもある年です

企業というよりも昔は家業として代々引き継がれるのが
綿々と継がれて時代が変わり企業としての形になり
現在に至るようです

パネルディスカッションで100年企業の3つの秘訣は

@残すべきこと変えるべきことを明確に区分する

Aビジョンを示しその達成に必要な人財を経営者自ら育てる

B売り手よし、買い手よし、世間もっと良し

この3つの秘訣はつまり伝統とは革新の連続であるということ
次代に応じた変化を業態や組織そして商品・サービスを作るになるんですね

いずれにしてもそれらのことをするのは全て「人」その人財育成こそが
企業存続の鍵になるんでしょうね

京都市長の来賓のごあいさつで「油断」についての話が有りました
最澄が灯したときから1200年消えていない灯篭が延暦寺の根本中堂にあった。
「不滅の法灯」と呼ばれているこの灯篭の燃料となってるのがナタネ油だ。
この灯を消してはいけない、油を断ってはいけないということで夜も昼も、
油を注いだそうな。

これが「油断」するなって言葉の語源なのである

新しい芯とそして注ぎ継がれる油を切らさない
それを切らした時が途切れる

つまり何時なんどきも緊張感を持って事に当たり
そしてそのような企業文化を作ることが
100年企業を成す秘訣なんでしょうね

コメント (0)

2015年06月01日

恋木神社

IMG_0621.JPG

福岡県羽犬塚から
こちらは、日本で唯一、恋の神様「恋命(こいのみこと)」を祀っている
恋木神社が有り恋の女子にうってつけの恋愛パワースポットエリア

おみくじもハート型の結ぶスポットが有ったり参道のハートの模様など
相当に恋愛成就ということにこだわった神社です

足かけ2年でようやく「恋むすび」なる手に巻くメモをもじった内容で
新しいグッズを置いていただくことになりました

この恋木神社のブランドにあやかりたいものです
先輩商品や企画は随分とあり「こいのきもなか」「恋木まんじゅう」
そして圧巻なのは筑邦銀行の「こいのき通帳」と銀行までもが
この地域ブランドに便乗しています(笑)

この神社のお参りの作法について
@神様にお参りする前に手水舎(ちょうずや)で手水をして
 身を清めます。右手で柄杓を持ち、水をくみ左手を洗い
 持ちかえて右手を洗います。再び右手を持ち、汲んだ水を
 左手で受け口をすすぎ、もう一度左手を洗います。
 最後に柄杓に水を汲み、柄杓を立てて持ち手部分を洗い流します。

Aお賽銭をあげ、鈴を鳴らします。鈴には「清々しい音を奉納して
 邪気を払い、神さまを呼ぶ」という意味が有ります。

Bいよいよ礼拝です。背筋を伸ばし、2回深くお辞儀します。
 その後、2回の拍手を打ち、手を合わせたまま祈願をします。
 最後にお辞儀をします
           (恋グルPASSより)
 

コメント (0)

 

Copyright © 株式会社 共生社 All Rights Reserved Powered by geniusweb