槙野雅央のありがとうブログ 共生社 ホームページへ

2014年12月29日

TAGGED for Garden inカッパドキア

2014.12.28-2015.1.3%20%89%C6%91%B0%83g%83%8B%83R%97%B7%8Ds%20742_R.JPG

TAGGED for Garden inカッパドキア

TAGGED for Garden inカッパドキア
HAPPY HOLIDAY!!!inトルコカッパドキアです

年末年始のお休みを利用してトルコのカッパドキアに行ってきました
この写真は、11月の全国クリーンライフビジョン21 2014で
発表しましたTAGGED PROJECTの第1弾TAGGED for Garden
シリーズを撮影した住宅の窓辺の花に巻き付けたプランツタグです

この日カッパドキアの民家での昼食ツアーでした

のんびりと居心地の良い空間にはトルコキリムという
平織りの敷物が敷かれ

そして私たちはこの場所で時間をかけてのトルコ料理をいただきました

民家の料理を作ってくださったお母さんに許可をとった上で
HAPPY HOLIDAY とメモしたアゲハ蝶々をモチーフした
プランツタグを花の茎に巻き付けてみました

民家のお母さんには、水やりのときにぬれる事を気にしなくても
良いのですよと伝えるととても喜んでいただけました

今までに有りそうでなかった茎に巻き付けてメモがかける
プランツタグです とっても可愛いでしょう

コメント (0)

2014年12月22日

TAGGED PROJECT

%83v%83%8C%83X.jpg


11月のクリーニング全国展示会でTAGGED PROJECTを
発表後クリーニング業界以外の文具やファンシー雑誌に
連続して記事として掲載いただきました

今回のプロジェクトについては、昨年の7月より1年以上をかけて
じっくりとデザイナー会社の株式会社ハイモジモジさんと
時間をかけて練ってきたものです

元々は、神戸のLOFTでハイモジモジさんのDengonやLISTITが
特集で展示販売されているのを見て是非このデザイナーさんと
一緒に仕事がしたいというところからのスタートでした
おもしろ文具ではひざを打つアイデアという造語で
Knee(ひざ)+打つ(ポン)=ニーポンfrom NIPPONという
キャッチフレーズと楽しいデザインに魅かれました

流石2012年にグッドデザイン賞に輝かれただけのことが有ります
その知名度でこの度こんなに記事として掲載されたことに感謝しています

やはり仕事は、いつやるのかそして誰と組むのかは
とても大事なことですね

今後もシリーズ第一弾を皮切りに続々準備中です

コメント (0)

2014年12月20日

年末恒例芦屋高校同窓会

%83%7D%83C%83t%83H%83g%20%281%29.jpg

20104年度年末恒例の芦屋高校32期生同窓会忘年会でした
今年も51名の参加で大いににぎわいました

今回は、特別に中村会長の提案で阪神甲子園エンターテイメントの
元社長の天井君にお世話をいただき甲子園球場の記念館を見学し
甲子園球場内のツアーもありで特別に普段入れない1塁側ダッグアウトや
ピッチャーが準備するブルペンなど見せてもらうことができました
そして記念館には高校野球の記録などもありわれらが芦屋高校も
1952年昭和27年第34回大会夏の甲子園で優勝をしています
卒業としては誇らしい記録です

記念館見学や球場内ツアーも終えてその後球場内のバックネット裏席の
後ろにあるプレミアムラウンジで2時間ほどの懇親会はいつも中々
参加できない東京組も参加してくれて大いに盛り上がり

その後2次会3次会と盛り上がりは写真の通りです(笑)
いつまでも健康で良い年を重ねたいと思う一日でした

コメント (0)

2014年12月06日

六甲登山通算第200回

IMG_7769.JPG

今年の通算42回目の六甲登山です
お陰さまで今回で通算の200回目の節目の登山でした

それにしても福岡から朝帰りの飛行機でお昼頃からの山でした
夏場と違って日も短く大急ぎで参りました

先週は展示会でお休みの2週間ぶりの山ですが一気に冬!(冷汗)
途中さすがにこの時期ですから霜柱が立っていました
なんと山頂に行くと雪景色では有りませんか
ほんの少しの時雨なんでしょうが気温も低く午後になっても
積もった雪が解けなかったのでしょうね

登りながらこの六甲山への誘因になった木村勝男さんのことを
思って登りましたがやはり大きな事を成す人はスケールが違うと
また決意が半端ないことに改めて感じ入りました
木村先輩の1000回登山にご一緒させていただいたのがきっかけですが
私は2010年から登り始めて200回です

これを何と比べれば解るかと考えるに例えば収入と考えてみましょう
年収1000万円を仮に木村先輩とすると私は年収200万円
やはり見える世界も経験も天と地の差です

千里の道も一歩からですがやってみてその凄さを感じます

今日ふと登りながら思ったのは
「知識と知恵は成長の両輪
  この間をつなぐ物こそ実践」だということでした

これはいわゆるPDCAのマネジメントサイクルと同じですね

コメント (0)

 

Copyright © 株式会社 共生社 All Rights Reserved Powered by geniusweb