槙野雅央のありがとうブログ 共生社 ホームページへ

2014年08月26日

成長期待企業グローバルの会

guro-baru%20_R.JPG

2か月前から決まっていましたグローバルの会の輪番が回ってきました
グローバルの会というのは、兵庫県下で経営革新を取得して
兵庫県活性化センターより成長期待企業と認定された企業の
情報交換の場として毎月定例会を各企業持ち回りで見学いただき
1か月の進捗を各企業で報告し情報交換をしている会です

丁度一年前にスマートエコTAGの特許取得に当たり弁理士の
先生が特許申請費用の減免措置として毎回の申請をしなくても
経営革新を取得すれば自動的に特許申請にかかる費用が減免
されるということで取得したのが経営革新です
この経営革新の取得に関しては尼崎商工会議所のM田さんには
大変お世話になりました

そしてこの度弊社での開催になりましたが準備するうえで多くの
学びをいただきました
外部からの視線があるというのは良いですね
折角ご覧いただくのですから平素からのありようというよりも
少しでも格好よくお見せしたいと欲が出るものです


そこで学んだことは、形は整えることができても中身は頑張ってみても
普段のありようしか見栄を張っても出せないということです

つまり企業は、やっている仕事の内容は社会に貢献するものであるが
その意識の反映があいさつやちょっとした仕草振る舞いにでます
あらゆる事象は普段から考えていることの表現であるということを
強く感じました

だから普段からの社風が大切なんでしょうね
我が社も明るく快活で自由闊達な社風を目指します
今回の機会を与えてくださったグローバルの会の皆様に感謝します

コメント (0)

2014年08月21日

顧客目線のサービス

jal.JPG

JALの新機種に初めて乗りました
一言で言って快適です

この日Jクラスでの登場となりましたが
何かいつも利用する座席と違うと感じたのは
座席の色目でした。それもそのはずファブリックの座席から
本革張りのシートに変わったのですから機内全体の
雰囲気が高級なイメージに変わりますよね

それから座席と座席の前後の間隔も気持ち広がっていたそうです
人の体感覚ってすごいですね。
心地よいと感じるものは身体で感じるのですね

車のシートでも家の中の家具でもそうなんですが
布製のものは食べ汚しなどは繊維の目に入り込んだり浸みこんだり
汚れが洗わない限り取れない感じがします
洗濯機で気軽に洗えるものは良いのですがそうでない
飛行機や車のシートなどは革であるだけで清潔感が有り
ポイントアップです

次に今までにはなかったサービスとしてフライト途中のWIFIの
サービスが開始されました。国際線だけでなく国内線も同様です
フライト時間が短い中でのWIFIを通じてのコンテンツサービスに
魅力を感じませんが長旅におけるサービスとしては有難いサービスです

いずれにしてフライト時間の快適さを顧客目線で考えたサービスです
我々消費者にとって歓迎すべきものです

LCCのように価格訴求する航空会社は価格そのものが競争力として
認知されまた顧客から利用いただくのでしょうが

価格帯の同じANAさんは接客だけでは超えることのできない
いわゆる基盤営業部分のサービスや環境の整備をどのように
対応するのか知恵の絞りどころです

我々の会社も同業他社さんとどのように特徴づけるのかが経営課題です
JALから色々な気づきを学ばせていただき有難うございます

コメント (0)

2014年08月13日

上高地トレッキング

IMG_7481.jpg
この日は、前日の松本への営業活動から引き続き乗鞍高原に入り
そして人生初の上高地へと足を伸ばした

前日の乗鞍高原とは打って変わってお天気も雨から晴れ
人の波も鄙びた温泉地から高原行楽の聖地での人のにぎわいに
わずか30分くらいしか離れていないところなのに人の波賑わいに
びっくりしました

聴いてみると乗鞍高原は乗鞍山しか無いのに比べて上高地は
穂高連峰や焼岳ぐるっと穂高を回り込んでいくと涸沢山が
あるロケーションの入り口となる場所でホテルなどの宿泊施設も
充実した平らな高原地でした

その中でも河童橋はそのランドマークともなる橋でその上から見る
穂高連峰は北アルプスを目指すものにとっての玄関口なのである

今回は、車で上高地の梓川川下の駐車場でタクシーに乗り換えて
大正池を超えて河童橋のたもとまで移動した

朝の早くから大勢の人で賑わっていた朝の4時過ぎ位から西穂高や
奥穂高そして涸沢山を目指す人が賑わうらしい
この日はお天気が久しぶりに良かったらしく早い時間から大勢の
登山客が来られていたらしい

我々も、河童橋までタクシーで移動しそこから明神池そして徳沢まで
トレッキングを楽しみました
梓川沿いの景色を楽しみながら静寂と緑の新緑を見ているだけで
そてもここに居る事の場の良さを肌で感じる事ができました
今回訪問の一番の目的は新商品のフィールドテストでマンマ・ミーアの
増田様には何から何までお世話になりました

コメント (0)

2014年08月09日

ドラッカー勉強会事例発表会

__.JPG

8/8-9と二日間で長野県塩尻まで共生社吉村君と
印刷斧田君と三人でドラッカー成功事例発表会に参加しました

昨年私が1人で松本まで5回シリーズで参加していたのですが
今回は、弊社の精鋭2名と同行して参りました
やはり一緒に学ぶのは共通体験・共通言語が学びの中からできて
とても効果性が高いですね

差し詰め今回の内容は北海道旭川の健誠社の瀧野専務の
「利益は目的ではなく条件だ」では成果を定義づける意味を学びました
成果とはどのような形で達成できるのか
元々布団の営業からスタートしたそうですが北海道では病院への
布団の販売はクリーニングとセットとなっている癒着が有り
患者さんに綿の重たい布団から羽毛の軽い気持ちの良い布団を
提供したい一心でクリーニング事業を始められたそうです
そのような考え方からの企業ですから社会貢献欲求が高く
事業においても身障者の雇用を半端なく積極的にしています
仕事のチラシにおいても地域のビジネスとコラボする取り組み
全てに筋が通っている経営マネジメントです

正に「利益は目的のためではなく条件だ」の実践をしています
私たちも仕事における成果の定義をどうとらえるかによって
事業の方向性ややることやらないことが明確になります
しっかりと改めて自社の成果の取り組みを共通認識にして
いくことの大切さを知りました

もう一社さんは十勝バスの野村社長様でした
地方の路線バスで永年の不採算状況からの成功事例です
このような事例には正直勇気づけられました
会社を本気で良くしていこうと覚悟を決めて本気で社員さんに
関わり始めた時から少しずつ会社が良くなったということでしたが
「非顧客に顧客でない理由を聴け」
3年間で1000件の訪問をされたそうです
そしてそこでお客様がバスを利用されない理由を丹念に聴き
その理由を元に解消できる手だてをするとのことでした
それも大きく目標や実践をしようというのではなく
小さく始めることから少しずつ大きな成果へと変わっていったそうです
何事も小さな成功の積み重ねから成功へと
そして知識は行動して初めて成果となるこの意味は深かったです

この二日間で学んだことを何からでも良いから実践に移していきます
いずれは今回参加の3名で成功事例発表会で発表できるような
会社を目指していきます

今回のご案内いただきました陽だまりの家の村上博志様ありがとうございました

コメント (0)

2014年08月02日

神戸花火大会

IMGP1277.JPG

昨年に続いてご近所さんのTさんから屋上花火ビール大会の
ご案内を有り難くいただき行って参りました

昨年は、初めての参加で要領がわからず遠慮をしていました
今年は、買って知ったる他人のなんとか(笑)のようで
思いっきり弾けようとモエ・エ・シャンドン持参しました

そしたら何と朝から雨がじとじとしていたのですが
神戸市が午後4時に花火大会決行しますとの発表

疑心暗鬼でだめ元と思っていまいしたが皆さんの願いが
叶い無事に酒盛りしながらの花火大会が鑑賞できました

打ち上げが19 時半ということでそれまでに相当お酒を
仕込んで話が相当盛り上がり花火以上に豪快だったように
思います
年に一度の出来事ですから大目に見ていただきましょう
セレブなご近所さんに感謝です
西元町のビル屋上より

コメント (0)

 

Copyright © 株式会社 共生社 All Rights Reserved Powered by geniusweb