槙野雅央のありがとうブログ 共生社 ホームページへ

2013年11月20日

TEX Care ASIA

%8F%E3%8AC.JPG

11月18−20はクリーンビジョン21大阪に続いて上海の展示会でした

大阪の展示会規模の約10倍は有ったでしょうね
やはり中国上海での展示会にヨーロッパの陸続きの大陸から
大きな市場としてホームクリーニングだけでなくむしろリネンサプライの
マシン業者がこぞって出展していました

何と言っても世界の人口の約半分がこのアジア地区に密集する中心が
中国と言って過言ではないでしょうから

中国市場も北京オリンピックそして上海万博から数年たち世界中の国が
中国の勢いによる世界戦略と市場の需要原理からの価格の高騰が
著しい中、今後の情勢を見据えてCHINA+ONEとしてインド、
インドネシアなどを新たな生産工場へシフトしだしています

ということは、逆に言えば中国のGDPが上がり所得が向上し市場として
整ってきたと言えます

環境に対する配慮も一応には無視することもできず法の整備も少し
進もうとしています

これからがビジネスインフラが整いチャンスの到来とみているのは
私だけでしょうか

コメント (0)

2013年11月17日

クリーンライフビジョン大阪

_____.jpeg

今年もクリーンライフビジョンというクリーニング業界あげての
展示会が大阪で11/15ー17の三日間開催されました

我社の展示ブースはというとこんな感じです
いつもの展示ブースとは少しテイストの違うCAFE風です

展示デスクも上下の間に空間が有りライトな感じです
更に後方の商談スペースには高いテーブルと足の長い椅子
天井からはペンダントライトです
展示ブースの仕上がりはいつに無くおしゃれな感じでした

口の悪いお客様は、いくら外観スタイルは変わっても
営業や接客の人間の有り様が変わらなければ何も変わらん
このように仰っていましたことが印象的でした

自社のクリーニングTAGもポスレジのシステムもその場限りの
使ってハイ終わりという物ではありません
永くお付き合いいただきコンスタントに良いものを供給して
初めて業界への貢献が叶うものです

展示会自身は、今旬の商品サービスを新鮮な切り口で提案
する場ですが、我々の絵お客様とのお付き合いは誠実に
地道なお付き合いを心がけたいと思う展示会でした

コメント (0)

2013年11月11日

阪神地区 新規高卒就活フェア 2013

%8FA%8A%88_R.JPG

地元阪神地区の新規高卒の就職活動フェアが
尼崎の都ホテルニューアルカイックの会場で開催されました

共生印刷株式会社ではここ7年間の新規採用を中国山東省
からの実習生受け入れで採用をしてきました

今年の春も当初その予定でしたが会社の中でこれから7年間
毎年、定年退職者が出る現状を踏まえると3年ごとに帰国する
実習生では会社としての成長を考えると新規世代の育成が
必要という声が上がってきました

そこで地元のハローワークへ行き就活を相談したところ
今回の新規高卒フェアへの参加をご案内いただき初参加の
運びとなりました
我が社の経営理念は「共に生かし 共に成長し 共に栄える」
です業界と共に生きる(貢献)するために創業した会社です
そこに集う者が共に切磋琢磨し自分の能力を磨きそして
関わる業界とともに成長しその中から共存共栄しお互いの
物心両面の満足を得る会社を今回、お出会いさせていただいた
若い皆さんと創っていきたいと考えています

会社も中国の生まれ育った環境も違う言葉もわからない
実習生を7年間受け入れてきたお蔭で人を育てる仕組みが
できました。今日は、その人を育てる仕組み構築の中心と
なった真弓リーダーとこれから工場を活性化させる立役者に
なる仮屋薗リーダーの3名で出席しました。

我が社の未来を担う若者に期待を寄せつつ今後の対応を
させていただきたいと思います

コメント (0)

2013年11月10日

六甲全山縦走大会!挑戦!!

%98Z%8Db.JPG

念願の六甲縦走大会を踏破しました!!!

六甲山を週末に登り始めて丸3年になりますが
念願の六甲縦走大会56kmに挑戦しました
スタートは須磨浦公園→須磨アルプス→
菊水山→掬星台→六甲ガーデンテラス→
宝塚湯本台広場(ゴール)

登ったり下ったりと有りますが登る高さを合わせると
なんと3000m5合目から富士山に登る富士登山の
2倍だそうです

西宮から5:06の始発電車に乗り夜明け前の
須磨浦公園駅からスタートししばらく歩くと大渋滞
その後岩場の断崖絶壁の須磨アルプスを経由して
一気の登り900m上がった第1チェックポイント
菊水山その後、麻耶山に位置する第2チェックポイント
掬星台ここまでは、正直順調でした
問題はこの後の第3チェックポイントの一軒茶屋までの
だらだら上り坂で身体も冷えて疲労も困憊してきて
太ももの吊ること2回苦しかったですね休み休みで
何とかチェックポイントここではもう真っ暗でヘッドライト
点灯の歩行になりました

正直この後の道の宝塚までは初めて道のりで
人も分散して山中は真っ暗の中おおよそ30分は
一人でヘッドライト頼み狐か狸の出てきそうな中を
不安ウォークでした

朝の6:05スタートし19:55ゴールと約14時間の
六甲全山縦走でした
いきなりの56km踏破でしたがやはり成功の要因は
昨年須磨公園から菊水山までのテスト歩行の経験と
ここ3年間の六甲ハイクの基礎体力づくりですね

何はともあれ雨の悪天候でしたが無事に完走できた
ことが成果でした。道中のボランティアの方々にも感謝して
来年に備えたいと思います  (^_-)-☆

コメント (0)

 

Copyright © 株式会社 共生社 All Rights Reserved Powered by geniusweb