槙野雅央のありがとうブログ 共生社 ホームページへ

2013年06月26日

噂の黒川温泉

%8D%95%90%EC.JPG

 6/26から佐賀のMクリーニングさんの視察を終えて同じく事業再生のベンチ
マーキングとして黒川温泉に行ってきました

以下は、インターネット記事からの抜粋です
町の“変わり者”と呼ばれていた温泉旅館「新明館」の三代目主人・後藤哲也。
1980年代、全国の観光地が歓楽街的な熱海や、豪華なリゾート建設を
目指す中、後藤はまったく逆の「本物のふるさと」作りに取り組んだ。

造り込まれた旅館の庭を壊し、山から引き抜いてきた雑木を植えた。
裏山の岸壁を3年かけてくりぬき、洞窟風呂を作った。
黒川温泉がさびれる中、時代に逆行していると思われた後藤の新明館だけ
がいつもにぎわっていた。

そんな後藤の元を、経営に苦しむ黒川温泉街の二代目・若手経営者らが
訪ねた。後藤はライバルからの申し入れに、自身のノウハウを伝授することを
決断した。

しかし、「町全体をひとつの旅館にする」という“変わり者の後藤”の
アイデアには、反対意見も多かった・・・。

「奇跡の再生」を果たした熊本・黒川温泉、世代を越えた町おこしの
決断に迫る。

正に時代を肌感覚で読み世界は「グローバル」から「ローカル」に
需要の変化を敏感に感じて迷うことなく進んだ成功であると思う

当日は、既に日本客ばかりでなく外国人客も多く中国人か台湾人か
はたまた韓国人の団体さんが大挙をなしてこられていました

流行るわけにはやはり気を見て敏なるものがあります

コメント (0)

2013年06月21日

全日本マネジメントコーチング協会 関西ブロック2013前半

%8E%CA%90%5E%20%282%29.JPG

半年に一度の関西ブロックの湯ノ口講師をお招きしての勉強会です

今回は、自己効力感についての学びです

スタンフォード大学教授のアルバート・バンデューラ博士の提唱概念

自己効力感とは「人が何らかの課題に直面した際に
こうすればいくはずだという期待(結果期待)に対して
自分はそれができるという期待(効力期待)や自信のこと


自己効力感を生み出す基になる4つのポイントとして

@成功体験
A代理体験(モデリング)
B承認
C恐怖や不安減らすこと(安心できる職場)

コーチングでは、人の話を聞いて承認し今できたことを認め
何故できたのかそしてできたことを通じてさらにどのような
ことをしていくのかを引出し小さな目標の達成を積み重ねます

今日、梅雨の雨の降る中富山や金沢、西は広島から
駆けつけて共に学べた皆さんに感謝します

コメント (0)

 

Copyright © 株式会社 共生社 All Rights Reserved Powered by geniusweb