槙野雅央のありがとうブログ 共生社 ホームページへ

2013年03月22日

いかなごで感謝デー

2013%82%A2%82%A9%82%C8%82%B2_R.jpg

 3月弥生は暦の上では「春」になります。しかし実際は
三寒四温といわれるようにまだまだ寒いのが実態です
しかしながら土の中も海の中においても確実に春は
足音を立てて近づいています。

私は、毎年この時期、瀬戸内の春を告げるいかなご解禁で
春を体感します。明石や垂水の漁港近くでは醤油と砂糖の
炊きつめた甘い香りが当たり一面に広がります

私の嫁の母親は、淡路島出身でとても料理の上手が
良妻賢母です。母から毎年いただくいかなごのくぎ煮が
これまた絶品でその話を得意先のお客様と話をしていると
食べたいリクエストがお客様から有り遂に私も母と一緒に
いかなごのくぎ煮を作るのが年中行事になりました
年々手際も良くなり母から免許皆伝されて今では一人で
炊けるまでの腕前になりました。
私たちの関わるクリーニング業界は冬から春にかけての
衣替えの時期が一年の中でも一番の繁忙期です

いかなごは別名春告げ魚としても知られていて日頃
お世話になっているお客様への感謝の意味として
たいそう喜ばれることを理由に毎年このように明石の
魚の棚まで新鮮な生のいかなごを買い付けに行き
一日仕事で炊いたくぎ煮を感謝の気持を込めて
送らせてもらいます

コメント (0)

2013年03月11日

第44期創立記念の覚悟

%83P%81%5B%83L.png

1970年3月11日は株式会社共生社の創立記念日です
1970年というと昭和45年大阪吹田で世界万国博覧会が
開催された年です
この時期は、高度成長期で日本国民がこの先、未来永劫
誰もが右肩上がりで日本が成長することを疑わなかった
時代です

そんな中、夫婦は共稼ぎでビジネスマンはスーツ姿で
企業戦士と言われた時代です。そのような時代ですから
自ずと家事代行業である家庭洗濯は次代のニーズとして
クリーニング業が大いに栄えたクリーニング業も個人宅の
集配営業から店舗来店型のビジネスに移行し事業の効率化
から大きく低価格化されそして業界は、仕事の後の後金から
仕事をする前にお客様からお金を頂く前金制へと代わり
取次店制度が普及し始め一気に業界が活性化しました

我が社は、業界では唯一クリーニング業向けタグメーカー
として創業した会社です
丁度時代が大きく転換するのに業務用印刷耐洗ラベルが
開発されて間もなく我が社も業界の資材卸業者さんに
後押しされて資本出資頂いてできた会社です
そんな覚悟から「共生社」の名前が付いたそうです
この日が来る度に「クリーニング業界と共に生きる」という
言葉の意味を考えさせられます

コメント (0)

2013年03月06日

世界最大のネット通販アリババ

%83A%83%8A%83o%83o_R.JPG

世界最大のネット通販アリババのマネジメントセミナーに参加
してきました。

アリババといえば40人の盗賊でアラビアンナイトの世界を
イメージするでしょうが、ここで言うアリババjapanは

世界を舞台にするインターネット通販サイトのことです
こちらが主催するセミナーに行って来ました
弊社も海外は韓国、台湾、中国、そしてヨーロッパとお取引を
いただいているメーカーです。
そこでもっと世界に出て行きませんかというお誘いセミナーでした

セミナーで聴いた話ですがつい先日日本の楽天が取引高、遂に
1兆円突破を果たしましたが世界はもっとすごくてタオパオ(中国)は
15兆とその規模15倍です。世界は広いですね、閉塞感の有る日本を
見て嘆くよりもグローバリゼーションは、ピンチでは無くチャンスです

アジアは、成長センターで今は正にゴールドラッシュ状態です

世界で勝負できる企業に成るために今年の取り組みは「見える化」です

コメント (0)

2013年03月01日

第44期決起六甲登山

CIMG5137_R.JPG


 2/28は株式会社共生社の第44期スタートに当たって昨年より恒例の
決起六甲登山でした。当日は雲一つない晴天に恵まれほぼ全員で
六甲山に登ることができました。お客様の都合でどうしても来れなかった
メンバーや産休で出席かなわずのメンバーなど他どうしても都合の
つかないもの以外は全員参加してくれました

「より高く飛べばより広く見える」という言葉が示す通り一歩踏み出し
高い場所まで努力をして登ればそれだけ見晴らしもよく見える世界が
広がるということだ

過去に縛られることなく、より遠くへより高くより早くチャレンジする
勇気ある一歩が踏み出せれば次に見える一歩が道筋として見えてくる
しかし、その一歩を踏み出すことができなければいつまでたっても
成長することはない。だからとても勇気のいることがけどこの初めの
一歩をいかに踏み出すかが、とても重要である

私達は、この44期の初めの一歩をどのように踏み出すのか山へ登り
意志合わせをするつまりチームワークを高める為の儀式である

そして3/1は会議室で具体的に今期どのように私たちの価値を高め
よりお客様にお役のお役に立てるのかワクワクするこの二日間でした

コメント (0)

 

Copyright © 株式会社 共生社 All Rights Reserved Powered by geniusweb